髪の毛は栄養を与えるとツヤも出る

子供の髪の毛と言えばツヤのある天使の輪をイメージする人も少なくありません。
このような髪の毛も年齢を重ねると次第にツヤがなくなり、パサつきやボリュームダウンに悩まされる人が多いです。
対策をしてももう子供の頃のような髪の毛には戻れないと思っている人も多いようですが、そうではありません。

私たちの髪を成長させているのは毎日食べる食べ物に含まれている栄養素です。
つまり食事で髪の毛に良い栄養素を豊富に含む食べ物を取り入れていけば、特別病院で治療を受けなくても、また美容院で高いお金を払ってヘッドスパの施術を受けなくてもあの頃の髪の毛を取り戻せる可能性は十分にあります。
具体的にどんな栄養を摂取すればいいのか後ほど説明しますが、最近ではテレビの健康番組などで“〇〇を食べると健康にいい”“〇〇の栄養がツヤのある髪に”などという特定の食品だけを食べる健康法についてよく紹介されています。
髪の毛にツヤが出るとあればついついそればかりを食べたくなりますが、やはり“ばかり食べ”は健康によくありません。
このような栄養を含む多くの食品を取り入れて1日3食のバランスのとれた食事を摂ることが理想です。

栄養士など、食に関する資格を持っている人でない限り“バランスの取れた食事”と言われても難しく感じる人も少なくないはず、でも難しく感じる必要はありません。
バランスのとれた食事と言えばいわゆる“一汁三菜”が基本です。
主食にメインのおかずを含めた3品のおかずと汁物という意味ですが、このメインのおかずを魚や肉、卵、大豆などと変えてみることから始めてみたらいかがでしょうか。

言うまでもなく、食生活を改善するという対策は即効性が期待できるわけではありません。
気が遠くなることもあるかもしれませんが、根気よく継続していけば髪の毛にも、健康にも次第にうれしい効果が少しずつ出てくることは間違いありません。
ぜひできることから始めてみてはいかがでしょうか。

髪に良い栄養素を含む食べ物を知っておく

髪の毛にツヤを持たせるために、また太くて健康な髪を作るためには毎日の食べる食べ物に含まれている栄養素がとても重要です。
そのツヤがなくなるのは髪の一番外側にあり、髪の内側を守っているキューティクルが壊れていて、そこから水分や栄養が失われている証拠、つまり髪が傷んでいるというサインなのでこのダメージを改善する栄養素を摂取しましょう。
具体的にどんな栄養素を摂取すればいいのか、この栄養素を含む食べ物と合わせて紹介します。

タンパク質
髪はケラチンというタンパク質からできているため、摂取すればダメージを改善してくれます。 タンパク質は肉、魚、大豆、卵、乳製品などにも含まれていますが、肉類は食べ過ぎるとカロリーオーバーになり薄毛を進行させてしまうため、魚や大豆を中心に摂取しましょう。
亜鉛
亜鉛は頭皮の新陳代謝を促進する役割があり、新しい髪の生まれ変わりの手助けをしてくれます。 またタンパク質を髪に合成するのも亜鉛の役目です。
亜鉛は牡蠣や豚レバー、ウナギなどに多く含まれています。
コンドロイチン
髪や肌を保湿して潤いを持たせる役割があります。 フカヒレやなめこ、オクラなど、ネバネバの成分を含む食品にコンドロイチンが多く含有されていますが、どの食品も含有率が少ないため必要ならサプリを利用する方法もおすすめです。
ビタミンB6
亜鉛と同様に頭皮の新陳代謝を活発にする役割のある栄養素です。 牛レバーや納豆、鶏ささみなどに多く含まれています。
ビタミンE
全身の血流を促進する役割のある栄養素で、これにより頭皮から髪へ十分な栄養素が行き渡ります。 ゴマにはいくつかの種類がありますが、特に黒ゴマはアントシアニンやビタミンB、アミノ酸など髪に必要な豊富な栄養を含んでいるので、毎日でも取り入れたい食べ物です。
View数ランキング

抜け毛改善にはプラセンタが効果的 プランセンタは栄養の宝庫と呼ばれており、抜け毛に大きな効果が期待されます。 ...続きを読む

72

ズバリ白髪は抜いても問題ないの? 白髪を抜くのは問題があります。白髪は抜かずにおきましょう。 気になる場合は...続きを読む

65

カラーやパーマは将来薄毛になる? 女性の薄毛の要因として多いのが、パーマやカラーリングによる影響です。 現在...続きを読む

62