育毛剤の効果と選ぶときのポイントとは

「育毛剤を使えば、髪がフサフサに生えてくる」と思っている人もいるかもしれませんが、本当にそうであればこの世の中で薄毛で悩む人はいません。
そもそも薄毛に悩んでいる人の頭皮の状態は健康的とは言えず、この状態では健康な髪は育ちませんが、育毛剤は太くてツヤのある健康な髪を育てるための頭皮の準備をしてくれるものです。

具体的に、例えば食生活の乱れなどから頭皮の血流が悪くなって硬くなっている人には血流をよくする成分が効果を発揮してくれます。
また抜け毛の量が多くて困っている人には抜け毛を抑える成分、そして頭皮に皮脂が多く分泌されてベタついていたり、逆に頭皮が乾燥しすぎている人には皮脂を抑える成分や皮脂の分泌を促す成分が効果を発揮してくれます。
そして髪の9割以上はケラチンというタンパク質でできていますが、このケラチンは18種類のアミノ酸から構成されてできています。
育毛剤にはこのアミノ酸が含まれているものが多く、髪を作る材料になってくれて髪のダメージを修復し、太くコシを持たせてくれます。

ちなみに市販されている育毛剤は少なくとも3か月、できれば半年は使うことが推奨されています。
この最低限推奨されている期間を根気よく使い続け、頭皮の環境がよくなってこれば、今ある元気のない髪にもコシが出たり、朝のスタイリングが楽になることを実感できます。
つまり育毛剤は文字通り健康な髪を育てるものであり、その可能性はゼロではありませんが新しい髪を発毛させることまで期待するのは難しく、そこまで期待するのであれば病院で処方してもらったり、市販されている発毛剤を使うことをおすすめします。

市販されている育毛剤で効果が高いと人気の商品の値段は1本5,000円以上するものが多いです。
最大限効果を出すためには副作用がない限りは使用量を守って使い続けることが重要です。
そして「なぜここまで薄毛が進行してしまったのか」という理由をみつけて見直しましょう。

育毛剤は女性と男性は同じものを使えない

市販の育毛剤には男性用や女性用があり、男性用でも女性が使っても問題ないものがほとんどで、その逆も然りです。
実際に家族で同じ育毛剤を使って症状が改善した人もいますが、男性と女性の薄毛の理由は違うため、女性と男性が同じものを使うことはできません。

具体的に男性に多い薄毛は男性ホルモンが関係していて、男性用にはこの男性ホルモンの働き抑える成分が含まれているものが多いです。
そして女性の薄毛は生活習慣が関係している人が多く、悪くなった頭皮環境を改善してくれる成分が含まれているものが多く、女性が男性用を使っても症状はいつまでも改善しません。

さらに女性は妊娠してから、産後まで薄毛をはじめとした髪のトラブルに悩まされる人が多く、できるだけ早いうちに育毛剤を使って症状を改善しておきたいと考える人は多いです。
しかし妊娠中、産後は男性ホルモンの働きを抑制する成分が含まれたものを使うと、お腹の赤ちゃんにどのような副作用が出るかが分かっていないため、使うことはもちろんのこと、触れること(皮膚から成分が体の中に吸収される可能性があるため)もNGとされています。
家族で使っている人がいたら注意が必要です。

また1本あたりの値段で比べてみると、口コミで人気のあるものだと男性用が倍ほど値段が高くなります。
つまり女性用は1本5,000円ほど、男性用だと10,000円ほどしてしまうものもあり、長く使い続けていくとかなりの値段になってしまいます。

それでも通販で購入できるものであれば、定期コースがあれば通常の値段よりもお得になっていたり、副作用があった場合の返金制度が用意されているものもあります。
せっかく高いお金を払って購入し続けるのであれば、最大の効果が得られるものを選びたいです。
そのためにも男性は男性用を、女性は女性用を購入して使い始めましょう。

View数ランキング

抜け毛は女性も気にしている人が多い 髪の抜け毛の悩みと言えば、男性特有というイメージを持つ人が多いですが、男性...続きを読む

58

頭皮ケアが脱毛予防にもつながる 脱毛が気になるのなら頭皮ケアを行うことをおすすめします。 脱毛の要因は遺伝や...続きを読む

57

育毛剤と育毛シャンプーの併用はできる? 育毛対策を行う場合、よく利用されるのが育毛シャンプーと育毛剤です。 ...続きを読む

56