育毛剤と育毛シャンプーの併用はできる?

育毛対策を行う場合、よく利用されるのが育毛シャンプーと育毛剤です。
どちらも優れた効果を発揮しますが、それぞれ役割は異なります。
育毛シャンプーは頭皮環境を整えるために利用し、皮膚荒れを治して健康な土台作りを目指します。
育毛剤は個々の薄毛の要因に上手くアプローチしてそれを排除するものです。

異なる役割を持つ育毛シャンプーと育毛剤を併用しても大丈夫なのかと疑問に思う人も多いようですが、併用することが可能です。
というよりも、併用することでより効果を高めることができますので、積極的に併用するべきです。
育毛シャンプーを使って頭皮環境が整ってから育毛剤を使うことで、育毛剤に含まれる有効成分もしっかりと働くことができます。
一つだけ気をつけなければならないのは、頭皮のコンディションがかなり酷い時には育毛剤の成分に負けてしまうことがありますので落ち着くまで待たなければならないという点です。
育毛剤自体は薄毛の要因を排除してくれるものですが、頭皮が荒れている時に使うと刺激によってかえって症状が悪化してしまうことがあります。

また、使ってみて育毛剤が合わないと感じたら、できるだけ合わない成分を特定することも重要です。
他の商品に切り替えるにしても、合わない成分を特定できないと同じことが起こる可能性があります。
それぞれの商品に含まれる成分がきちんと記載されているはずですので、含まれる量が多いものから記載されていくという基本を押さえながらチェックすることが大切です。

育毛剤には優れた有効成分が色々と含まれています。
軽い薄毛なら育毛剤だけでも十分に改善できるといわれるほどです。
しかし、その有効成分が本来持つ効果を十分に引き出せるかどうかは頭皮のコンディションにかかっていますので、まずは頭皮を健やかな状態にすることが大切です。
コンディションが良くなれば併用することで自己ケアでも更に効率の良いケアを行うことができます。

シャンプーとドライヤーの仕方で髪が変わる!

シャンプーの見直しでは、まずはシャンプー液を見直します。
シャンプー液はアミノ酸系や自然由来の成分で作られたものが頭皮に優しいといわれています。
特にアミノ酸系は育毛シャンプーで多い種類であり、頭皮を守るために必要な油分を残しながら洗うことができます。

シャンプーの仕方も同時に見直さなければなりません。シャンプーの仕方では、まず準備から始めます。
事前にブラッシングをして髪の毛の流れを整えます。
その後はいきなりシャンプー液をつけるのではなく、お湯で大体の汚れを落としておきます。
まんべんなく濡れたらいよいよシャンプー液をつけて洗いますが、頭皮を洗う時には指の腹を使って力を入れすぎないようにして解していきます。

最後にすすぎをしっかりと行ったら、洗髪の仕方としては正しく行えています。
次にドライヤーの仕方ですが、頭皮にあまり近づけすぎないように少し離れたところから風を当てます。
ドライヤーは熱さを調節できるものを使うとより優しく乾かせます。
薄毛に悩む人はドライヤーをかけない方が良いのではないかと考える人もいますが、ドライヤーをかけることで髪の毛の水分が蒸発するのも防げますし、頭皮の雑菌の繁殖も抑えることができます。

正しいドライヤーの仕方を覚えれば、頭皮に負担をかけずに美しい髪の毛をキープすることができます。
ドライヤーはシャンプーが終わったらできるだけ早くかけるようにし、しっかりと乾かしてから寝ることでキューティクルが剥がれずに済みます。
キューティクルの整った髪の毛は艶やかで滑らかですので、手触りにも変化が生じるはずです。
毎日乾かすのは面倒かもしれませんが、頭皮と髪の毛のために正しい方法で行うべきです。

View数ランキング

抜け毛は女性も気にしている人が多い 髪の抜け毛の悩みと言えば、男性特有というイメージを持つ人が多いですが、男性...続きを読む

57

頭皮ケアが脱毛予防にもつながる 脱毛が気になるのなら頭皮ケアを行うことをおすすめします。 脱毛の要因は遺伝や...続きを読む

56

育毛剤と育毛シャンプーの併用はできる? 育毛対策を行う場合、よく利用されるのが育毛シャンプーと育毛剤です。 ...続きを読む

56