育毛シャンプ―の成分は普通のと何が違う?

シャンプーは多くの方が毎日使用するものですが、近年は数多くのシャンプーが登場しています。
ところが、多くの種類があるにも関わらず薄毛に悩まされている方も多くなっているのが現状です。

そんな中、近年では薄毛の人に合わせた成分を配合している育毛シャンプーというものが登場しています。
では、この育毛シャンプーはどのような成分が含まれているのでしょうか、普通のシャンプーと比較して見ていきましょう。
まず一般的なシャンプーのと比較していくと、通常は頭皮に付着した汚れをしっかりと落とすために洗浄力の強い石油系界面活性剤を使用しているのですが、この石油系界面活性剤はその強すぎる洗浄力ゆえ、頭皮環境を保つ為に欠かせない皮脂まで洗い落としてしまいます。

まず始めに薄毛で悩んでいる方の多くは、頭皮環境が劣悪であるがゆえに髪の毛の成長が難しくなっているのに、本来であれば頭皮環境を整える目的で使用するシャンプーでさらに頭皮環境を悪化させていては意味がありません。
育毛シャンプーは普通のシャンプーとは違い、洗浄力の強い石油系界面活性剤を使用していませんので、普通のものと比較して皮脂を落とし過ぎてしまい頭皮環境を悪くする心配ないです。
これが最も大きな違いではありますが、その他にも比較してみていくと配合されている成分には様々な違いがありますのでご紹介します。

そもそも、普通のものには頭皮に付着した汚れを落とす効果はあるものの、頭皮環境を整えることはもちろん、育毛を促す効果や成分は含まれていません。
ですので、どんなに使用していても発毛を促したり、育毛を促すことは期待できません。
それに対して育毛シャンプーは、普通のシャンプーとは違い髪の毛の成長に欠かせないアミノ酸やタンパク質などが含まれていたり、さらには血行促進などの効果を持つ成分の配合もされている為、普通のものと比較しても、頭皮や髪の毛に与える効果が根本的に違います。

育毛シャンプーは結局どれを選べばいい?

育毛シャンプーと一言で言っても、その種類は数多くありますので、結局の所どれを選べば良いのか迷ってしまいます。
そこで、ここではどのようにして選べば良いのか正しい選び方をお伝えします。

まずは要点を絞っていくことが大切で、自身の頭皮環境にマッチしているのか、自分が欲しい成分が配合されているのかなどをチェックすることが大切です。
例えば、同じように薄毛で悩んでいる方でも、脂性肌によって薄毛になっている方もいれば、反対に乾燥肌によって薄毛になっている方もいます。
この真逆のタイプが同じシャンプーを使用することは難しいので、それぞれに合ったものを選ぶ必要があります。
脂性肌の方であれば、過剰分泌している皮脂や角質をしっかりと洗い流せるものを使用した方が良いですし、逆に乾燥肌の方であれば保湿力の高い天然由来のオイルを使用しているものを選ぶ方が良いでしょう。
加えて、どのようなタイプであっても確認をしておいた方が良い事もありますが、それは使用されている成分が天然由来であるかどうかになります。

やはり石油系界面活性剤を含む、化学合成された成分は頭皮環境を悪くする恐れがありますので、必ず確認をしてから選ぶようにしてください。
とは言っても、どれを避けた方が良いのか分からないと思いますので、具体的にお伝えをしますが、まず最も避けた方が良いのが「ラウレス硫酸Na」や「ラウレス硫酸TEA」などになります。
これらの成分は頭皮環境を悪くしてしまう恐れがありますので、絶対に避けた方が良いですが同じような名前のものがありますので、覚え方としては「ラウレス」や「ラウリル」といった言葉が入っている成分は避けた方が良いと覚えてください。
逆にアルガンオイルや椿オイル、馬油などの天然由来のオイルは育毛に効果的な成分であることが多い為、これらの成分を配合しているシャンプーを選ぶと良いでしょう。

View数ランキング

育毛シャンプ―の成分は普通のと何が違う? シャンプーは多くの方が毎日使用するものですが、近年は数多くのシャンプ...続きを読む

62

抜け毛改善にはプラセンタが効果的 プランセンタは栄養の宝庫と呼ばれており、抜け毛に大きな効果が期待されます。 ...続きを読む

61

髪の毛は栄養を与えるとツヤも出る 子供の髪の毛と言えばツヤのある天使の輪をイメージする人も少なくありません。 ...続きを読む

58