髪の毛が抜けた女性

抜け毛の原因はさまざま

抜け毛というと中年男性特有の悩みというイメージがありますが、性別や年齢に関わらず髪の毛が抜けてしまうといった悩みは存在しています。
抜け毛に悩んでいる女性も決して少なくはありません。
20代といった若い世代で髪の毛が薄くなったという人も増加しています。

抜け毛の原因は様々で1つだけに特定できるケースもありますが、はっきりと原因を特定することができないケースも多くあります。
いくつかの原因が、複雑に絡み合っている場合もあるからです。

その中でも大きな原因の1つに、男性型脱毛症があります。
男性型脱毛症は男性ホルモンによって引き起こされる脱毛症で、男性の抜け毛の原因の中では最もポピュラーなものと言われています。
男性型脱毛症のサインは、生え際や頭頂部の髪が抜けて薄くなっていくところにあります。
男性ホルモンの分泌量に大きく関係しており、男性型脱毛症になりやすい体質は遺伝するといわれています。
身内に薄毛の人が多い場合は、抜け毛や薄毛になりやすいサインと言われています。

それから女性の場合の抜け毛の原因は、男性の場合とは大きく異なっています。
女性の抜け毛の主な原因には、ホルモンバランスの変化があげられます。
元々女性の髪は、男性に比べて抜けにくい性質を持っています。
これは女性ホルモンであるエストロゲンの働きによるもので、エストロゲンが頭皮の下にある毛細血管を拡張して髪の毛が成長するのをサポートしてくれるからです。

しかし、ホルモンバランスが崩れてしまうと、エストロゲンが上手く働かなくなり髪の毛が抜けやすくなってしまうのです。
例えば、妊娠や出産の際には、女性の体はホルモンバランスが乱れやすくなります。
そのため、妊娠中や産後に脱毛症を経験した女性も多くいます。
また、自然に年齢を重ねていくだけでも、女性ホルモンの分泌量は減ってしまいます。
加齢によっても髪の毛が抜けやすくなるので、中高年以降髪のボリュームが減ってしまう人が増えるのです。

抜け毛の増加はストレスサイン?生活習慣を見直そう

抜け毛が増加していると感じたら、それはストレスを受けているというサインかもしれません。
ストレスは抜け毛の原因の1つと言われているので、予防するためには生活習慣を改善することが欠かせません。

現代人のライフスタイルは、ストレスを感じやすい環境が自然にそろっています。
例えば、飲食店などは夜の遅い時間にも開いていますし、夜に楽しめるレジャーなども豊富にあります。
しかし、夜遅くに起きていることは睡眠の質を下げ体内リズムを狂わせてしまうので、人の体には大きなストレスを与えています。

また、髪の毛は眠っている夜の間に成長するといわれています。
ですから、睡眠が足りなかったり、睡眠の質が悪かったりすると、抜け毛が増加しやすくなってしまいます。
抜け毛を予防するためには、生活習慣を見直して、睡眠時間を確保して良質な睡眠をとることが大切です。
決まった時間に寝て、決まった時間に起きるといった規則正しい生活習慣も、体内リズムを正常に働きやすくさせる効果が期待できます。

抜け毛の増加は、睡眠以外のストレスのサインになっていることもあります。
例えば、飲酒や喫煙などの生活習慣は、抜け毛の増加を促進してしまう場合があります。
適度なアルコールは健康に良い影響を与えてくれますが、アルコールを過度に摂取すると肝臓に大きな負担をかけてしまいます。
体にとっては大きなストレスなのです。

それから煙草に含まれているニコチンには、血管を収縮させる作用があります。
そのため、喫煙は髪の毛が抜けやすくなる原因になると言われています。
飲酒や喫煙などの生活習慣がある人は抜け毛のサインを見逃さずに、禁煙をしたり休肝日を設けるなどの対処をする必要があります。

View数ランキング

発毛促進に効果のあるツボ 頭皮の発毛を促進する方法は色々とありますが、中でもツボ押しがお勧めです。 ツボ押し...続きを読む

43

カラーやパーマは将来薄毛になる? 女性の薄毛の要因として多いのが、パーマやカラーリングによる影響です。 現在...続きを読む

35

フケなどの頭皮トラブルも抜け毛に影響 不衛生な印象を与え、痒みや炎症を伴う場合もあるフケは、抜け毛などにも関係...続きを読む

34