フケなどの頭皮トラブルも抜け毛に影響

不衛生な印象を与え、痒みや炎症を伴う場合もあるフケは、抜け毛などにも関係のある深刻な症状のひとつといえます。
また頭皮が正常に働かないと抜け毛が酷くなったり、健康的な発毛が行なわれないなどのトラブルにもつながります。
近年の医学でもこのような頭皮トラブルは治療方法があるとはいっても、完治することが難しく、(個人差があります。)
何か異常を感じたら早急に対処や改善することをおすすめします。
抜け毛自体は異常ではありませんが、枕といった寝具やヘアブラシに大量のフケとともに落ちている場合は何かしらのトラブルの影響がでているということなので、よく観察することも必要になります。
分かりにくい場合は抜け毛は洗面台や風呂場などの排水口といった場所に集まりやすいので、ネットなどをかけておくと掃除が楽な上に抜け毛の量が目で確認することができます。

また使用しているケア用品(ヘアブラシ・風呂に置きっぱなしのケア用品など)の衛生状態などもチェックする必要があります。
湿度や温度が高い風呂場に長期間置かれた洗髪剤や髪の毛用保湿剤といった肌に直接触れるようなアイテムが劣化している場合、雑菌やカビが繁殖している可能性も高く、そのまま使用し続けると頭皮に悪い影響がでる場合もあります。
また抜け毛やフケが付着したまま放置したヘアブラシなどを毎日使用し続けることも、悪い影響につながります。
毎日使用するアイテムは使用するたびに水洗いしたり、定期的にしっかりとチェックやクリーニングを行うなどの管理を行う事も改善方法のひとつです。

また生活環境の大きな変化やストレスのかかりやすい春先、汗を大量にかきやすい夏なども要注意な季節です。
規則正しい生活やストレス対策などの体調管理などもしっかり行いましょう。
フケが髪の毛全体にまわるほど大量に発生する状態は、なにかの影響の前兆と考えて、軽視せず早めに原因をつきとめ対処することで、深刻なトラブルを避けることが可能です。

フケを引き起こす原因と改善方法とは

フケがでる原因には大きく分けて以下の二つに分かれます。

  • 頭皮が乾燥している
  • 頭皮から大量の皮脂がでている

これらが揃うと発生しやすいといわれています。
乾燥による場合のフケは細かくパラパラとして頭部全体に発生するのが特徴です。
ストレスや日焼け・生活習慣・洗髪やケアによる過度な手入れなどが原因とされていて、気になるからといって手入れのしすぎは皮脂の取りすぎにつながります。
皮脂の取りすぎはさっぱりする反面、無防備な状態にしてしまうことにもなるのでさらにフケや抜け毛などのトラブルを起こす原因にもなります。

また正常に頭皮が働かないことでバリア機能の低下にもつながり、他の皮膚炎などの感染・健康的な発毛への影響が考えられます。
このような場合は生活改善(睡眠・食生活など)や使用しているケア用品が自分に合っているのかなど見直すことが改善の第一歩となります。
頭皮から大量の皮脂がでているタイプの場合は、しっかり洗髪などを行っているのに毛髪全体がしっとりとしていたり、脂っぽく、フケとともに湿疹などがでる場合もあります。
これを脂漏性湿疹と言います。

脂漏性湿疹は現代医学でも不明な部分が多く代表的な治療法としては、頭皮からでる大量のフケや脂質を適切に洗浄した後に、専用の液体タイプやスプレータイプといった薬を塗布します。
近年ではこれらの症状を緩和するアイテムが多数流通していますが、乾燥による原因と大量の皮脂がでていることが原因のケア用品は、主成分から異なる場合が多いので自分がどのようなタイプのフケや抜け毛なのかを、見極めることが大事になってきます。
市販薬も販売されていますが、症状が深刻な場合や改善が見られない場合は皮膚科といった専門医を受診するようにしましょう。

View数ランキング

頭皮ケアが脱毛予防にもつながる 脱毛が気になるのなら頭皮ケアを行うことをおすすめします。 脱毛の要因は遺伝や...続きを読む

24

発毛促進に効果のあるツボ 頭皮の発毛を促進する方法は色々とありますが、中でもツボ押しがお勧めです。 ツボ押し...続きを読む

24

ズバリ白髪は抜いても問題ないの? 白髪を抜くのは問題があります。白髪は抜かずにおきましょう。 気になる場合は...続きを読む

21