ズバリ白髪は抜いても問題ないの?

白髪を抜くのは問題があります。白髪は抜かずにおきましょう。
気になる場合は、はさみで切るか、白髪染めをおこないます。
抜いたからといって、増えることはありませんが、減ることもありません。
生活習慣の改善などがなされない限り、また同じ毛穴から白い色で生えてくるだけです。
ただ、無理やり引き抜いた際に毛根が傷つき、炎症が起こる場合がありますので、注意が必要です。
また、一つの毛根からの毛の再生回数は決まっていますから、何度も引き抜いていると、年をとってから髪が薄くなりやすくなることが懸念されます。

手っ取り早く白髪をなくすという見た目上のメリットを除いては、抜いてもなにもいいことはないと言えます。
抜くのは大いに問題ありです。
では、どうすればいいかということになります。
気にせずに生やし続けるのが、頭皮のためにも髪のためにもいいのですが、そうもいかない場合は、根元からはさみで切りましょう。
よほどそばで見られない限り、不自然な感じはしません。
近くで見ると、断面の大きい短い白髪が目立ちますが、この方法が無難と言えます。

たいていの人は白髪染めをしますが、中にはアレルギー体質などで、染められない人もいます。
脱色してから染めるタイプのものだと、髪も頭皮もかなりの影響を受けるでしょう。
強い薬剤を使っているからです。
頭皮への影響は人によって異なり、あまりダメージを受けない人もいますが、髪質へのダメージはかなりのものとなることが多いです。
脱色せずに済む白髪染めなら、ダメージは抑えられますが、色の染まりが良くない場合もあります。
なるべく刺激の少ない成分のもので、最大の効果が出る白髪染めを探しましょう。

自分の体質を踏まえ、必ずパッチテストをし、警戒しながら使うことが大事です。
白髪染めの強い成分によって頭皮が大きなダメージを受けると、毛根やホルモンバランスにも影響する場合があります。
そうなると、髪を黒くする生体内の成分であるメラニン色素が、ますます供給されづらくなります。

白髪も予防できる?白髪を減らす方法は?

若年者なら、白髪は予防できる可能性が高く、減らすことも可能な場合があります。
遺伝的な要因によって若白髪である場合は難しい面がありますが、不規則な生活によってホルモンバランスが崩れ、白髪となっている場合は、問題のある生活習慣を見直すことで、白髪を減らすことができるとされます。

白髪ができるのは、毛根の最下部にあるメラノサイトという細胞が正常に機能できなくなっているためです。
メラノサイトはメラニン色素をつくる細胞です。
メラノサイトがメラニン色素をつくるためには特定の酵素が必要で、その酵素が不足すると、メラニン色素がつくれず、その結果、髪を黒くできなくなります。
加齢によって、その酵素は減少しますから、年をとって白髪になるのはやむを得ないことです。
しかし、若いうちからの白髪なら、生活習慣に問題があって、酵素が不足している可能性があります。
その場合は、生活習慣を正すのが、白髪を防ぐための方法となるでしょう。

具体的な方法としては、ストレスをためないようにする、食生活を改善することなどが挙げられます。
これらの方法をとっても改善しない場合は、病気の可能性も考えられます。
また、遺伝的なものである場合は、これらの方法を用いても、難しいことが多いです。

髪を黒くする成分は、毛穴の奥の毛根にあるということを認識し、毛穴を詰まらせたり、毛穴に炎症が起きたりするような問題行動はとらず、毛穴を健やかに保つことが望まれます。
髪は毛根から生えるとき、白髪として誕生します。
毛根からメラニン色素が供給されることで、黒く染まっていくわけです。
そのメラニン色素が十分に作れるよう体調を整えることが、白髪を防ぐための近道となります。

View数ランキング

発毛促進に効果のあるツボ 頭皮の発毛を促進する方法は色々とありますが、中でもツボ押しがお勧めです。 ツボ押し...続きを読む

43

カラーやパーマは将来薄毛になる? 女性の薄毛の要因として多いのが、パーマやカラーリングによる影響です。 現在...続きを読む

35

フケなどの頭皮トラブルも抜け毛に影響 不衛生な印象を与え、痒みや炎症を伴う場合もあるフケは、抜け毛などにも関係...続きを読む

34