カラーやパーマは将来薄毛になる?

女性の薄毛の要因として多いのが、パーマやカラーリングによる影響です。
現在行っている人は、今はまだ表立った影響が見られなくても将来的に薄毛になる心配があります。
長年パーマやカラーリングを行っていくうちに、頭皮は少しずつダメージを溜め込みます。
そうすると回復するまでの時間が徐々に延びていって、十分に回復しきらないうちに次の施術を受けることになります。

ダメージから回復させるには、頭皮環境を整えるのに良いことを実践する必要があります。
実は皮膚環境は体のコンディションによっても容易く変化するものであり、その時々で差があります。
ですから、体を健康な状態にするのも非常に良い手段です。
皮膚は健康を表すバロメーターにもなっていて、健康に過ごしている人の肌は健やかな状態に保たれていることが多いものです。

ただし、パーマやカラーリングによって頭皮に明らかに心配な症状が現れている時には、近い将来に抜け毛が増えたり薄毛が目立ってきたりして対策が必要になる可能性があります。
症状が軽いうちは誰でもそれほど心配はせずに対策を後回しにしてしまいますが、少しでも症状が出てきたら将来といわずにいますぐに対策を行わなければなりません。
急に対策を行わなければならないと知っても何から始めたら良いのかが分からないという人も多いかと思いますが、要因がはっきりとしているのならやはりその要因に適切に対処するしかありません。
パーマやカラーリングによって皮膚に異変が起きている場合も、その部分を見直さなければ根本的な解決には至りません。

ずっと続けていたパーマやカラーリングをいきなり止めるとなると戸惑ってしまいますが、全てのケースで止める選択をする必要はありません。
頭皮に負担のかからない方法で施術を受けられるのであれば、続けても構いません。
その場合は本当に負担がかかってないかが心配ですので、こまめにダメージが現れていないかを確認することが大切です。

ダメ―ジの少ないカラーリングやパーマについて

パーマやカラーリングで受けたダメージは頭皮に蓄積されます。
ですから、なるべくダメージを少ないものを選ばないと将来的な薄毛が心配です。
パーマで頭皮への負担が少ないのは、システィンパーマの加熱式です。
1浴式のシスティンパーマはアルカリ性の濃度が低くて済みますので頭皮に与えるダメージは小さくなります。
加熱式を選ぶと熱の作用によってパーマの効果が高まりますので頭皮にパーマ液がつく時間を短くできます。

カラーリングの場合、薄毛の兆候が現れている時に避けなければならないのがフェニレンジアミンやパラフェニレンジアミンです。
これらはよく使われている成分ではありますが、長く使っていると将来的に頭皮が炎症を起こしたり薄毛が引き起こされるリスクがあります。
フェニレンジアミンやパラフェニレンジアミンは通称でジアミンと呼ばれていますが、多彩な色が作れてしっかりと染まるということで頻繁に利用されています。

最近では、頭皮トラブルのリスクを下げられるノンジアミンのカラーも出てきています。
作れるカラーはまだ少ないのですが、安全にカラーリングをすることができるのでおすすめです。
ジアミンを使ったカラーリングと比べると頭皮に与える負担はかなり小さくなります。

他にも、植物性の天然素材を使って染め上げるタイプもあります。
植物性の素材なら頭皮にはかなり優しいので、既に皮膚トラブルが現れている時でも状態が酷くなければ利用できます。
将来的に薄毛になりたくないと頭皮の心配をしている人におすすめの施術であり、最近ではこのような植物由来の成分を使う美容室が増えています。
頭皮に良いだけでなく髪の毛のキューティクルに対してもダメージをほとんど与えません。

View数ランキング

発毛促進に効果のあるツボ 頭皮の発毛を促進する方法は色々とありますが、中でもツボ押しがお勧めです。 ツボ押し...続きを読む

24

頭皮ケアが脱毛予防にもつながる 脱毛が気になるのなら頭皮ケアを行うことをおすすめします。 脱毛の要因は遺伝や...続きを読む

24

ズバリ白髪は抜いても問題ないの? 白髪を抜くのは問題があります。白髪は抜かずにおきましょう。 気になる場合は...続きを読む

21