年齢や性別を問わず抜け毛に悩む人は増えています。
特に整髪をした後や起きた時に枕についている髪の毛の量が増えた、ということで抜け毛に気が付くことが多く、対処の仕方に戸惑うことがあります。
抜け毛は病的なもの、ホルモンの関係、などもありますが、そのままにしておくと進行していってしまうタイプのものもあり、早めの予防対策が必要となってきます。
予防方法にはさまざまあるので、自分にあったものを選ぶと良いでしょう。
薄毛を気にする男性抜け毛予防を行ってもすぐに結果が出てこないことも多いので、長く続けられる予防方法を見つけることも大切となってきます。

AGAのような状態の抜け毛は進行してしまうと食い止めるのが難しいため予防対策がとても重要となります。
自分の髪の質を確かめ、タイミングを見ながら行うと良いでしょう。

抜け毛を食い止める方法はいくつかある

抜け毛は知らない間に進んでいることがあり、髪の毛の生え際、頭頂部、が特に薄くなってしまうことがあります。
このようなタイプの抜け毛は男性型脱毛症(AGA)とも呼ばれ、さまざまな予防方法で対処する必要があります。

よく眠る男性AGAは遺伝的な要素の他に、ストレス、過度の飲酒、喫煙が要因となっているので、抜け毛を食い止めるには、まずストレスをためない、規則正しい生活を送る、ということが必要となります。
その上でプロペシアミノキシジルプロスカープロペシアジェネリックのフィンペシアといった予防する薬や毛穴の状態を良くする薬を使用していきます。
プロペシアとミノキシジル、フィンペシアの発毛効果は実感している人が多数いますが、実感するまでには根気よく続けることが大切です。
さらにプロペシアの通販サイトなどを使えばまとめ買いで通常より安く購入することが出来ます。
他にも通販サイトを利用すれば他のAGA治療薬のジェネリック医薬品なども安価に入手できるので活用してみると良いでしょう。
AGAにフィンカーというプロスカーのシェネリック医薬品があるので試してみても良いでしょう。
購入前にはいくつかのサイトを見比べてみましょう。

また喫煙は毛細血管を細い状態にしてしまいます。
また、飲酒も体が温まる感じがして血行が良いと思いがちですが、実はアルコールを分解するのに多大なエネルギーを消費している状態にあります。
抜け毛を食い止めるには、禁煙や飲酒を控えるといったことを行うようにすると良いでしょう。

女性の場合は、間違ったヘアケアが抜け毛を多くしている可能性があります。
髪の毛にダメージを与えないようにあまり清潔を意識しすぎないように注意します。
また、女性はホルモンの関係で抜け毛も増えてしまうので、日ごろからホルモンを整えることを行うようにします。
抜け毛を防止するには以下の3つも効果的です。

帽子を長時間被らない
夏など暑い季節になると帽子をかぶりますが、帽子やヘルメットに関しては、長時間かぶることで、頭皮の血行が悪くなるほか、蒸れる、毛穴に皮脂が詰まりやすくなるといった状態になります。 特にヘルメットは安全のために装着しているので、より頭皮が締め付けられた状態になります。 必要でない時は外すようにし、タオルなどで蒸れた部分をぬぐうようにしましょう。 帽子はできるだけ麦わら帽子のような通気性の良い物や汗を吸い取ることのできる生地のものを選ぶと蒸れを予防することができます。
睡眠を十分に取る
睡眠に関しては、夜の10時から深夜2時の間に成長ホルモンが分泌されることが関係しています。 この時間帯は髪の毛も成長する時間であるので、しっかりとこのタイミングで睡眠をとることで成長ホルモンも分泌され、抜け毛を予防することができます。 寝る1時間ほど前に入浴を済ませてしまうと深い睡眠状態となり、良質な睡眠を確保することができます。 自分のタイミングを見ながら生活リズムを作ると良いでしょう。
適度な運動を行う
適度に運動を行う方法では、血行を良くする目的があります。 毛穴にしっかりと血液を流すためにはジョギングやウォーキングといった有酸素運動を行う方法を取り入れます。 逆に筋肉トレーニングのような無酸素運動を多く行ってしまうと、血液中の活性酵素が増えてしまい抜け毛が増えてしまうので注意が必要です。

抜け毛を食い止める方法には、薬の使用の他にいくつかあります。
AGAの場合、日ごろの生活を意識することもとても大切になるので、普段から髪の毛の状態を把握してみると良いでしょう。
その際、あまりにも意識しすぎてしまうとストレスがたまり、逆に髪の毛にとって良くないので、注意します。

抜け毛のタイミングと季節がポイント

秋抜け毛の場合、自然的に起こることもあります。
この場合、髪の毛のサイクルが関係している時と、季節の変わり目などが関係している時とがあり、AGAでなく正常な場合でも1日に100本以上は抜けています。
年齢があがるにつれ、抜け毛の本数も多くなりおおよそ1日200本は抜けています。

そのため整髪の際に排水溝につまったり、髪の毛を整えるときに大量に抜け毛がおきてしまったりしてもさほど心配はありません。
日本人の平均の髪の毛の量は10万本ほどとなっています。

髪の毛にはヘアサイクルがあります。
このサイクルは成長期、退行期、休止期の3つにわけられており、通常3年から7年程度で一周しています。
抜け毛のタイミングは寿命になった毛が抜け落ちているものであり、自然現象でもあります。
ですが、AGAの場合は、成長期が短いタイミングで十分に髪の毛が育たないうちに抜けてしまうので頭皮全体が薄く見えてしまうのです。

抜け毛が多くなる季節とは

抜け毛のタイミングとしては、季節でいうと秋が最も多く、ついで春となっています。
秋の場合、夏にあびてしまった紫外線の影響を毛穴が受けてしまいダメージを受けてしまうと起こります。
特に頭皮の毛穴にある毛母細胞は紫外線を浴びてしまうと働きが悪くなり髪の毛が抜け落ちてしまいます。

さらに秋の季節の場合、夏の季節に多い体調の変化、夏バテの影響を受けます。
食欲がない状態は毛穴にも髪の毛にも悪い影響を与え抜け毛が起きてしまいます。
AGAは、帽子をかぶっていても蒸れてしまい頭皮の環境が悪いまま秋を迎えてしまうので、さらに悪化した状態になることもあります。

春のような季節は、環境の変化によるストレスが影響していることやアレルギーの影響があげられます。
毛穴や頭皮はストレスにも大変敏感で、少しでもストレスがたまってしまうと抜け毛のタイミングとなり、進んでしまいます。
また、花粉などのアレルギーも発症しやすく、アレルギーへのストレスをためてしまうことも要因となっています。
AGAが進行している、抜け毛がいつもに増して多い、抜け毛のタイミングが早いといった場合、なんらかの花粉アレルギーがある可能性もあります。

季節の変わり目が抜け毛予防のポイント

抜け毛のタイミングは春と秋といった季節の変わり目に起こることが多いです。
抜け毛を予防するにはこのような季節の前の季節である夏や冬にストレスをためない、花粉アレルギーなどの対処や予防をする、といった予防方法が大切となってきます。
予防方法やタイミングは季節の変わり目、と考えると良いでしょう。
AGAは季節を問わず抜けることが多いですが、これらの影響を受けることもあるので、季節の変わるタイミングを意識して過ごすこともポイントとなってきます。

なお、夏の季節においても紫外線を浴び続けていると、頭皮や毛穴にダメージを受け赤くなったり、湿疹ができたりすることがあります。
AGAはミノキシジルのような外用薬を用いて治療を行うこともあり、毛穴に湿疹ができてしまうと十分に治療を受けることができなくなってしまいます。
AGAの場合は季節のタイミングに左右されることなく、1年を通して予防に注意を払うと良いでしょう。

抜けた毛穴から新しい髪は生えてくるの?

抜け毛が増えてしまうと二度と生えてこないのではと心配になることがあります。
特にAGAの場合、髪の毛がしっかりと抜けてしまうと毛穴が目立たなくなり頭皮がつるつるとした感じになるので、新しい髪の毛が生えてくるのか、生える状態にあるのか疑問に感じます。

基本的に髪の毛が抜けても同じ毛穴から再び髪の毛は生えてきます
通常の場合でも毎日髪の毛は抜けており、隣同士の毛穴が支えあって毛穴の形を維持しています。
そのため病気治療のために薬を服用したり、ストレスによって髪の毛がしっかりと抜けたりした状態の場合は、次に髪の毛が生えてくる時は毛穴が曲がってしまい、まっすぐに生えてこないこともあります。
数年、ウェーブがかかった状態になることもありますが、自然とまっすぐになっていきます。

ですが、AGAの状態の場合、毛穴も髪の毛も季節のタイミングなどによってダメージを受けているので髪の毛が生えてきてもしっかりとしたものが生えてこないことがあり、弱く細い状態のものが生えてくることがあります。
AGAの状態は生えてはくるが細く弱いため本数が多く見えない、または弱いのですぐに抜けてしまうといったことにあるので、いかに生えてきた髪の毛を丈夫な状態にするかが大切になってきます。
季節だけでなく、成長期のタイミングで髪の毛を維持していることが重要です。

毛穴のケアが重要

特にAGAは毛穴と毛母細胞がとても大切となるため頭皮や毛穴の状態を良くしておかなくてはなりません。
毛穴に皮脂が詰まった状態であると毛根がない状態と同じになるので髪の毛は生えにくくなってしまいます。
新しく生えてくる感じがしない、抜けている髪の毛が細く弱いものが多い場合は、毛穴が詰まった状態で髪の毛がうまく育たない、もしくはタイミングが悪く生えてこられない状態にある可能性があります。

AGAの状態においては、春や秋といった季節の影響を受けることも多いので、そのような季節にはしっかりと毛穴のケアや予防を行うようにしましょう。
毛穴ケアの方法には、様々なものがあるので、自己流だけでなく皮膚科医に相談をして行うようにします。
また、AGAの状態は毛穴が敏感になっている可能性もあります。
さらにAGAが進まないようにタイミングを見極め、毛穴の状態を見ながら治療を進めていくようにします。

一度抜けてしまった場合、予防をするタイミングが分からないこともあります。
髪の毛のサイクルはありますがどの毛穴から髪の毛が抜けているかは皮膚科に行かないとわかりません。
また、毛穴は無数にあるため把握するのは難しくなります。

そのため、頭皮にある毛穴全体がケアできる予防方法を行うことが必要となります。
AGAは根気よく予防方法を行ったり、薬の使用をしたりすると次第に生えてくることが多いです。
成長期のタイミングで髪の毛がしっかりと強く太く生えるよう、予防方法に注目するようにします。
季節の変わり目は特に注目するようにしましょう。

View数ランキング

発毛促進に効果のあるツボ 頭皮の発毛を促進する方法は色々とありますが、中でもツボ押しがお勧めです。 ツボ押し...続きを読む

38

カラーやパーマは将来薄毛になる? 女性の薄毛の要因として多いのが、パーマやカラーリングによる影響です。 現在...続きを読む

31

フケなどの頭皮トラブルも抜け毛に影響 不衛生な印象を与え、痒みや炎症を伴う場合もあるフケは、抜け毛などにも関係...続きを読む

29